5月
17

使用済み切手の寄付で社会貢献を!

使用済み切手の使い道は無いとお思いですか? 使用済み切手と未使用切手とでは、未使用のものが高く評価されるのが普通ですが、逆になる場合もあります。それは、押されている消印に意味がある場合で、消印が珍しいタイプであるとか、切手と消印との組み合わせが珍しい組み合わせであるとか、消印の日付に特別な意味があるとか、消印の日付と局名との組み合わせに特別な意味があるとか、様々な理由があります。また、このような場合、使用済み切手に押されている消印は、切手の中央に押されているものが望ましいわけで、文字が鮮明に読めなくては価値がありません。 具体的にどんな使用済み切手が価値あるものとされるのか、事例で説明しましょう。例えば、長期に渡って発行される通常切手に限っては、発行初日の消印が押されたものは、価値があります。それは、通常切手が長期に渡って製造されるため、微妙なバリエーションが生じるからで、発行初日の消印の押されたものは、初期製造のものであることが証明できます。また、別の例ですが、沖縄が祖国復帰した当日の消印で局名が沖縄県下である場合、沖縄における郵便制度上の大変化のあった時のものであるため、特別な価値が生じます。 このように、使用済み切手の価値を決める要素は複雑で、切手製造に関わる特殊事情、郵便制度に関わる特殊事情、これら特殊事情と消印とが絶妙のマッチングとなった時、特別な価値が生じるのです。ただし、どこまで高く売買されるかは、個別の問題です。

5月
09

定形外郵便を出す時に250円切手は使える?

現在の日本で発行されている普通切手は、1円から1000円まで、約20種類の金額に分かれています。使用頻度が特に多いとされるのは、ハガキに貼る52円と、封書に用いられる82円のものです。郵便料金の値上げが行われた直後には、1円や2円といった端数をプラスするためのものも使われやすくなります。 ハガキをはじめとする郵便が送られる機会はインターネットの普及とともに減少してきましたが、一方でオークションの発送などに多く使われるようになったのは、250円切手で送ることができるグラム数の定形外郵便です。宅配便よりも安価ですし、文庫本のように壊れにくいものならばエアーキャップで梱包するだけで問題なく送ることができるためです。ただ、250円切手というものは発行されていませんから、郵便局やコンビニで買うことも、使うこともできません。 250円切手そのものはありませんが、複数の金額を組み合わせることで代替が可能です。たとえば、50円1枚と100円2枚などです。ただ、封筒のスペースが狭くなるため、宛名が長い場合は注意が必要です。 郵便局に定形外の荷物を持っていけば、窓口で250円切手に相当する証票を貼ってもらうこともできます。この方法は、商品の発送を専業としない人や、荷物の重さが毎回変わる人に多く使われています。

4月
17

切手の換金はどこでできるのか

手紙を出すときに必要な切手ですが、もう使わなくなった切手は郵便局に持ち込んでも換金できるかといえば、換金できません。よくハガキなどを書き損じたものだと1枚5円で交換してくれますが、換金はできないのです。 切手の換金がどういったところで行われるのかというと、切手買取を行っている金券ショップなどの業者や、ネットオークションで換金することができます。 切手を高く買い取ってもらうためにする方法というのは、まずは手元にある切手の種類や額面、枚数などの把握を行うこと。高い金額で買い取ってもらえる切手は、一番利用頻度が高い額面のものになります。記念切手はその次に高値が付きやすくなっています。バラのものだと、買い取ってもらえないようなこともあります。したがって、シートに交換してもらうことも一つの手段であるといえます。 そして、買取金額のレートは違うので一軒ずつ電話して確認を取るということ。数年前に比べて切手の買取レートが少し高くなっているとはいえ、誰もが少しでも高い金額で買い取ってもらいたいと思っています。 買取業者に持ち込む場合は、上記の流れに沿った方がベターですが、オークションに出す時などはバラ切手でも買い取ってもらえることがあります。枚数と金額を明記しておくのと、ジッパー付きの小袋に額面ごとに分けて入れておくと、相手にもわかりやすいと思います。

4月
11

使用済み切手の価値は、千差万別

使用済み切手と未使用切手とでは、未使用のものが高く評価されるのが普通ですが、逆になる場合もあります。それは、押されている消印に意味がある場合で、消印が珍しいタイプであるとか、切手と消印との組み合わせが珍しい組み合わせであるとか、消印の日付に特別な意味があるとか、消印の日付と局名との組み合わせに特別な意味があるとか、様々な理由があります。また、このような場合、使用済み切手に押されている消印は、切手の中央に押されているものが望ましいわけで、文字が鮮明に読めなくては価値がありません。 具体的にどんな使用済み切手が価値あるものとされるのか、事例で説明しましょう。例えば、長期に渡って発行される通常切手に限っては、発行初日の消印が押されたものは、価値があります。それは、通常切手が長期に渡って製造されるため、微妙なバリエーションが生じるからで、発行初日の消印の押されたものは、初期製造のものであることが証明できます。また、別の例ですが、沖縄が祖国復帰した当日の消印で局名が沖縄県下である場合、沖縄における郵便制度上の大変化のあった時のものであるため、特別な価値が生じます。 このように、使用済み切手の価値を決める要素は複雑で、切手製造に関わる特殊事情、郵便制度に関わる特殊事情、これら特殊事情と消印とが絶妙のマッチングとなった時、特別な価値が生じるのです。ただし、どこまで高く売買されるかは、個別の問題です。

4月
10

切手売却ができる場所としては

切手は郵便局なりコンビニなりで販売しているわけですが、そこで買取はしてもらうことができないです。大本とも言える郵便局でも一度販売したら、取り替えることは手数料を支払えばできますが、切手その物を換金してくれるサービスはしていないです。では、切手は売却をすることができないのか、というとそうでもないです。切手は金銭的な価値がありますから、十分に売却ができるところがあります。但し、この場合は確実に古物売買と言う形になりますから、そこは注意した方が良いです。金券ショップなどが妥当ですが、リサイクルショップなどでも買取をしていることになります。売却できる値段ですが、換金率は意外と高いです。そもそも確実に使う機会がある人や組織であれば、僅かな金額の差でも大量に使えば相当な金額差になりますし、腐ることもないので、一気に売れるからです。売却をする時には数十枚程度であれば僅かな差は気にしなくてもよいです。時間的なロスのほうが大きいことすらあります。しかし、数千枚単位で売る人もいます。そうした時はさすがに僅かな一枚あたりの買取価格の差も合計すると結構な金額になりますから、注意して業者を見て回ったほうがよいです。 http://xn--tck3b1a9b714znjcvcw88lu13f.com/point/point2.html